• ホーム
  • 水虫に侵されない防衛術を身につける

水虫に侵されない防衛術を身につける

2019年09月27日
水虫の足裏

水虫というのは、白癬菌という菌です。カビの一種である彼らが好むのは高温多湿の環境、そういった中でこそ繁殖するのです。水虫予防して菌を繁殖させない方法とは、高温多湿を作り出さないことに他なりません。

例えば靴、出来れば夏の暑い時期はサンダルやゾウリなど通気性の良い靴を履いていたいものですが、日本のビジネスマンはそうはいきません。クールビズになって首元をネクタイで締め付けられることはなくなりましたが、足元まではまだまだクールビズは及んできてはいないのです。それならせめて、オフィスに戻ってきて自身の机のところではサンダルのような通気性の良いタイプに履き替えませんか。足の指をしっかり広げてあげる時間も必要です。靴下を持ってきておいて、こまめに履き替えるだけでも違います。革靴をよく洗うということは無理にしても、2足以上持っておいて交互に履くだけでも違います。一日しっかりと乾かしておいた靴は、高温多湿環境がかなり改善されているのです。

足の裏などが傷ついてでもいない限り、24時間以内によく洗うようにしてやれば水虫菌は入り込むことなく感染率はかなり抑えられると言います。一日炎天下を歩き回って頑張った足、涼しいオフィスに戻ってきたら靴下を履き替え、楽な靴にしてケアしてあげましょう。会社にいる限りそんな暇は無いという方であれば、自宅に戻ってからのケアでも決して遅くはないのです。

何しろ、もしも水虫になってしまった場合には毎日かかさず、ニゾラールクリームを塗ったり錠剤タイプのものを服用したりしなければなりません。それよりは予防のための行動を日々行っておいたほうが良いのです。とにかく活発化するのは梅雨時期から夏にかけてで、寒くなり空気が乾燥して来ると菌の力も弱まります。ただ、夏場はカーディガンがかかせないほど冷え切っていたオフィスが冬になると半そででも過ごせるような温かさになることもあるので、一年を通じて油断は禁物、足を清潔にし菌が繁殖しないように保っておくことは決して悪いことではありません。汗臭い人は嫌われます、ちょっとした時にサッと着替えられるよう靴下はもちろん、Tシャツなども一式、替えをロッカーに入れておくと安心です。除菌シートや通気性を重視した服なども手に入れることが出来るので、そういった道具も駆使してやればもっと楽にケア出来るかもしれないです。日々のお手入れ、これこそが水虫に侵されないための防衛術となるのです。